「瀬戸内中讃定住自立圏」を形成する2市3町と包括的連携協力に関する協定を締結しました

調印式

2013年8月12日(月)、本学と「瀬戸内定住自立圏」を形成する丸亀市、善通寺市、琴平町、多度津町および、まんのう町は、『包括的連携協力に関する協定』を締結いたしました。この協定は、それぞれが有する人的・物的資源を活用し、個性豊かな地域社会の形成および地域課題の解決を図り、地域社会の振興と発展に寄与することを目的としています。
今後は、今回の協定に基づき、教育、芸術・文化、スポーツ、福祉、子育て支援、人材育成などに関する分野での連携を図り、様々な形で地域社会に寄与することができるよう一層の努力をしてまいります。